進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

各カード会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規カードの申し込み時に一緒に申請でき、現在クレカを持っている場合は追加申し込みでとても楽なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分をチェックしてカードを申し込みましたか?持っているクレカからweb上で発行申し込みをした方や発行手数料や年会費を気にして作った方もいると思います。

ここではまだETCカードを作っていない方に向けて他の方がカードを作ったときにどのポイントを見て選んだのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の多い方はポイント還元率を重視して選ぶようです。

年会費無料のカードを選ぶ際、よく利用する店舗でのポイント還元率の違いや自営業の方では仕事用と私用で決済を分けるために複数枚持つ方もいるようです。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

その理由としてETC利用をすると料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の高速利用料が30%オフになるんです。

他にも外環道迂回割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んで損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうかサブのクレカと一緒に発行してもらいましょう。

ここ数年でよくノマドワーキングという言葉を聞くことがあります。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となる人も増えています。

個人事業主や法人化した方の多くは経理業務がとても面倒だと感じるそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の電車やタクシー代などの交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎に保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できればビジネス用の法人口座からまとめて引き落として処理しておきたいですよね。

その場合、高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は通常のクレジットカードと同じで法人用のビジネスカードを申し込むのが一番基本的な方法です。

しかし、ビジネス用クレジットカード発行は独立したばかりでは審査に通りにくいようです。

家族や友達と車で遠出をする際に高速道路の利用料金をどうやって支払ってますか?大半の人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月の月間利用率は約90%になっているそうです。

なぜこれほどまでに利用率が高いのか調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が使えるので一般レーンよりお得という理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると普通車料金が現金で3090円なのに対してETC無線通行の利用では800円と2000円以上違います。

また、元のクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているなどよりお得なカードもあります。

高速道路の料金所でたまに渋滞が発生していますよね。

一般レーンで現金・クレカ払いの人もまだいますが多くの方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETC利用時のメリットについて少し調べてみました。

最大のメリットとして、料金所で券や現金を係員と直接やりとりする時間がなくなることではないでしょうか。

2つ目の大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると割引前料金が一般レーンで約3000円のところ、ETC割引適用で800円とかなりお得になります。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを作っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードも問題なく利用はできますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、カードを申請する際の利用規約に本人以外の利用が禁じられていると書かれているからです。

少しわかりやすく書くとETC制度もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えて名義人の口座から後日まとまった金額を引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人に対するカード会社の信用を前提にして成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

この前、ネットを見ていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを利用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETC利用時は入口?出口まで無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の通行に関する内容がわからなくなるため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーで無線通行できないなど特別な場合は、料金所の係員に「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを渡して処理後車載器に挿入してください。

出口料金所に来た際に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の起点がわからなくなるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口からで計算されるようです。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でクレカはいらないけどETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんな方にはETCパーソナルカードという選択肢があります。

このカードは補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえできれば何らかの事情があってクレカを作れない、作りたくない方にも発行されます。

クレカを保有している方との大きな違いがこの補償金の有無です。

また、別途年会費が発生しその額も通常のETCカードよりも高いです。

1、2年ほど前からカーシェアリングサービスなどでキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがETCの利用自体はレンタカーに車載器があれば簡単に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで利用履歴を見ようと思ったときのために事前準備をしましょう。

利用照会サービスのサイトでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC無線通行した利用年月日」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

自家用車などでETCカードの登録をすでに行っている、もしくは1度登録した後は複数車両で利用するときの登録は不要になります。

就職や転勤などで生活環境の変化により車に乗らなくなった。

そんな方の多くはETCカードを所持していると思います。

年会費や更新料がかかる場合はカードの解約を考える方が多いと思います。

クレカと両方とも解約するパターンとETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって様々な方法が用意されています。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで手続きが可能な場合は即日というように手続きが完了するまで時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分が認識できないように真二つにハサミを入れ、外から見えない袋に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

ETCカードを挿入しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、パニックになってしまうと思いますが一呼吸置いてまず落ち着いてから各所へ連絡をしましょう。

仮に盗まれたのではなく紛失だったとしても絶対に警察へ紛失届けを出してください。

そのあとにどこに連絡するかはカードの発行元によって変わりNEXCOなどの高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

連絡できる時間が限られているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社発行の場合各カード会社への連絡になるので連絡先が異なります。

カード会社によって若干対応の違いや連絡手段の違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルに電話をすると解決します。

高速道路の料金所で止まらずに通行できることや料金が割引されるなど便利でお得なETCカードですが利用している割合はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した車の約9割が利用していたそうです。

つまり、ほとんどの方がETCを利用しているということです。

料金割引も東京湾アクアラインを例にするとETC利用で普通車料金が800円ですが一般レーンで現金支払いをすると約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとまだETCを使ったことがない人も使いたくなりますよね。

気になるカードの入手方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加申し込みで発行、まだクレカを所持していない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

大学進学や新社会人になり生活環境が変わり車の免許を取って長期休暇に遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードはどうしたら手に入るか載せようと思います。

まず最初にETCカードはsuicaのように購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

発行元はネクスコなどの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にイメージされるクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

一般的に普及しているクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

ETCパーソナルカードは審査に時間がかかるので基本的にはクレカと一緒に申し込みましょう。

高速道路の料金が自動で引き落とされるETCですがネット上でこんな質問を見つけました。

それは「給油するときにETC決済はできますか?」という質問です。

答えから言うと、基本的にはできません。

基本的にと書いた理由としては、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレジット機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型のメリットは一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽なところですが高速道路を走っている途中でPAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという部分が少し面倒に感じる方もいます。

etcカード審査の口コミとは?スマホでも申し込める?

皆さんはETC カードを申し込む際にどういった部分をチェックしてカードを作りましたか?現在手元にあるクレカ発行元に追加で発行申し込みをしている方や年会費無料などの費用が発生するかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここでは現在ETCカードを持っていない方に向けて他の方がカードを作ったときにどのポイントを見て選んだのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の多い方はポイント還元率を重視して選ぶようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのクレカ支払い時にポイント還元率が高くなっているものや自営業の方では仕事用と私用で決済を分けるために複数枚持つ方もいるようです。

ETCカードを使って高速道路の出口を通過する際、車載器の故障などがなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

何らかの原因で出口でエラーが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

走行中にエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

ゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも開きません。

こういった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくという決まりになっています。

もしバーが開かない場合はバーに接触しないように車を停めましょう。

その際、事故につながることがあるため焦って車外に出ないようにしましょう。

バーの手前にインターホンがあるのでスタッフの指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路・有料道路を利用すると思います。

そんなときに利用すると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見ますよね。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

カードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを探してみてください。

ガソリンを給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを作ろうと思って検索したところ作るカードの種類によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時の付帯ポイントが2倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

例えば、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく通勤などで車を利用される方や高速道路を使う方は給油時・スタンド利用時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので申し込む際はいろいろ調べてみてください。

車の免許を取ったばかりの大学生、専門学生の方の中にはクレカを持つのが不安でクレカはいらないけどETCカードだけ作りたいという方もいると思います。

そんなクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは発行時にデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが様々なサイトで調べたところ平均4万円を目安に補償金として預け入れなければ使用できません。

逆に考えると、補償金を預けることさえできれば長期滞納などでクレカを作れない方でも発行できます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、別途年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

知っている前提で話が進んでいて何となくでしかわかっていないルールってありませんか?例えばETCの正しい使用方法はどうでしょう。

NEXCOの公式サイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレカ同様に有効期限があるので車に乗る前に有効期限を確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿れますがオモテ面ウラ面などカードの向きに気をつけてください。

料金所のETCレーンに入る際は信号が赤になっていないかの確認とレーン内では時速20km以下のスピードで通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車をバックさせて出るのではなく、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

ETCカードを車載器に挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、パニックになってしまうと思いますがそんな時こそ落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

仮に盗まれたのではなく紛失だったとしても絶対に警察へ紛失届けを出してください。

そのあとの対応はカードの発行元によって変わりネクスコなどの高速道路事業会社が発行しているカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっていますが早めに連絡するようにしてください。

クレカ会社が発行しているカードの場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応の違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルで連絡ができます。

高速を利用するときに便利なETCカードですがカードの選択肢が多くて選びにくいですよね。

ここでは2種類のおすすめのカードを紹介します。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードでは誕生月のポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISAやJCBなどの有名なブランドから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのはクレカの年会費無料の楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

大学生になったのをいい機会と思い車の免許を取って遠くに出かけたいと思っている方もいると思います。

新大学生など免許取り立ての方の多くはETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで手に入るの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの作り方につい書いていきます。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

ETCパーソナルカードという高速道路事業社が発行しているカードと一般的なイメージ通りのクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくETCも発行しているクレカを申し込みましょう。

車の免許を取って間もない方の中にはETCカードを持っていないから父親からカードを借りてくる。

という学生の方をよく見かけます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが別の面で問題があるので家族間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払制度は名義人本人と会社の間でのみ信用が成り立っているから可能になっています。

名義人以外の第三者が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

この前、ネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、現金レーンでの支払いをETCカードでできるということです。

料金所でカードを係員に手渡すことで支払い処理を行ってもらえるのですが基本的にはETC利用時は入口?出口まで無線通行が原則となっており無線通行しない場合は入口?出口の入口から出口の走行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

料金所入口がETCレーンエラーなどで無線通行不可になっている場合は、料金所の係員に「車載器を設置している」ことを伝えて処理するカードを渡して車載器に挿入してください。

出口料金所の利用時に料金所のない入口を無線通行していた場合は料金算出の距離がどこからになるか不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口を起点に計算されるようです。

皆さんは普段、高速道路を利用する時にETCカードを使っていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

ETC利用で高速道路の料金割引が適用されるからです。

例えば、NEXCOが管理している高速道路の地方部利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうか新規でクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

ETCカードを作っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所有していないという方はクレカを申し込む必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている一体型の場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETCのゲートを通るときにデビット支払いのように銀行口座から即時引き落とす方式になっていると新しい口座にお金を移動していて偶然口座にお金がなかった場合にETC出口を通れなくなってしまうからです。

参考:ETCカード審査通らない?カード作るには?【審査落ちた理由】

就職や転勤などを理由に大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな時に年会費や更新料が発生するETCカードを所持している方はカードの解約を検討する方が多いと思います。

親となるクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日で処理完了というように時間がかかりますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したら、磁気テープ部分とICチップ部分がそのままにならないように真二つにハサミを入れ、外から見えない袋に入れるなど隠した後に燃えるゴミとして処分してください。

車で遠方に出かけるときに便利なETCカードですが、取り扱っているカード会社が多くてどこを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が確認するのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大きく分けて3つのタイプに分類され、1年間利用するしないに関わらず、年会費無料のタイプ、年に1回以上の使用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプに分かれています。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、ポイント還元率が高くなっているなど別の面で優遇されていることも多いです。

関連ページ